朝の悪い気分をどのように解消すればいいのか

朝活はメリットがとても多くやらないより、やったほうが断然充実した1日を過ごすことができます。
その魅力やメリットのおかげで実践している人が増えていますが、デメリットもあるということを忘れてはいけません。

朝早く起きて朝活をするということはつまり・・・

朝早く起きて朝の活動をするということは、つまり寝る時間を早めている人は良いのですが、寝る時間がこれまでと同じだという人の場合には睡眠時間が減ります。

睡眠時間を減らして眠い中、朝早く起きて朝の活動をする意味はあるのでしょうか。
もしくは睡眠時間は減らせないので、夜早くに寝ているという人もいるかもしれません。
夜これまでより1時間早く寝るために好きな時間やリラックスできる時間を削って我慢しているという人もいるでしょう。

そして朝早くに起きて好きな時間を過ごさず、リラックスせず、例えばせっかくの朝の活動だからと、自己研鑽しているような人は、だんだん自分の好きな時間が欲しくなってくる、リラックスしたくなってきてストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。
睡眠時間はある程度しっかり確保しておかなければ、朝起きてからの集中力も全く続きませんし、良い朝の活動をすることができません。

睡眠は時間を伸ばすことが良いのではなくて質をあげることが大事

睡眠の良し悪し、これはなんだと思いますか?時間が長ければ良い睡眠で、短ければ悪い睡眠というわけではありません。
睡眠はどれだけ眠ったのかという時間ではなくて、質の方が重要視されるのです。

良い睡眠をすれば質の良い睡眠ができます。
朝の活動を続けるためには、朝の活動を良いものにするためには睡眠時間を削ったり、睡眠の質を下げてはいけないのです。
よい睡眠を維持したまま朝の活動をする必要があります。
そのためにできることといえば、やはり睡眠の質を上げることが大事でしょう。

睡眠の質を上げるためには何ができるでしょうか。
寝るときに、もし安眠できていないという人は、寝る環境を整えて見てはいかがでしょうか。
寝る環境を整えるといっても簡単なことではありませんが、最初にできることは、電気や温度等です。
室内環境を整えるのです。
温度は寝やすい適温にしているのか、電気は明るすぎないのか、そういったことを振り返ってみるといいでしょう。

朝の活動のデメリットは自分で解消できるので大丈夫

睡眠の質を上げることも、自分で対策を立てれば解消できますし、朝起きるのが辛いというのも慣れてくればそれほど辛いものではありません。

デメリットはいい出したらキリがありませんが、デメリットを上回るメリットは必ず手に入れることはできるはずですので、デメリットを理解した上でどうすれば自分は改善できるのか考えてみるといいでしょう。
そうすれば辛くもないでしょう。